ホワイトニング

ホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用しております。

当院では、なるべく患者様のご希望に添えるよう、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを併用しております。

ホームホワイトニングは、患者様のお口専用のトレーを作成し、トレーにホワイトニング剤を注入して、ご自宅で装着するホワイトニングです。

オフィスホワイトニングは、歯科医院にて行い、ホワイトニング剤に専用の光を照射するホワイトニングです。

オフィスホワイトニングの流れ

①使用前には、歯ブラシ歯をキレイに磨き、水ですすぎます。

 

②ジェル先端のキャップを外し、付属のチップに取り替えてください。

 

③歯科医師より指導された対象歯の位置に、一歯ずつジェルをマウストレーに注入します。

④ジェルを注入した後、鏡を見ながら、歯にセットします。

 

⑤マウストレーを口から取り出し、口の中を水ですすいでください。

 

(注意1)ジェル注入時にジェルがはみ出た場合は、ティッシュペーパーか脱脂綿などで拭き取ってください。

(注意2)マウストレーを口の中にセットした際、強く噛みすぎないようにしてください。

(注意3)マウストレーは水でキレイに洗い、 ティッシュペーパーなどで水分を拭き取り、ケースに保管してください。

(注意4)マウストレーの変形を避けるため、高温になるところへは置かないようにしてください。

オフィスホワイトニングの流れ

①まずはお電話にてご予約し、ご来院ください。

 

②カウンセリングをして歯の状態をチェックします。ご希望の白さ、心配ごとなどご相談ください。

 

③シェードガイドを当て歯の白さを確認します。ご希望の白さによって必要な回数は異なります。

④効果的なホワイトニングを行う為に歯のクリーニングを行い、歯の表面についた汚れを落とします。

 

⑤歯ぐきを守るガード付け、専用の薬剤を塗布し、光を照射します。

 

⑥1回のホワイトニングでは白さの定着がなく、1週間ほどで表面に色がつきはじめてきます。2回目のホワイトニングを施術することで、白さが増し、同時に白さの維持が期待できます。

ホワイトニング直後の注意点

・ホワイトニングの直後の歯のエナメル質は、脱水状態で再着色しやすくなっています。24時間はコーヒー、 紅茶、赤ワイン、カレー、ケチャップなどの着色性が強い飲食物や喫煙はできるだけ控えましょう。

・ホワイトニング後は知覚過敏の症状(しみる)が出る場合がありますので、知覚過敏の原因となりやすい炭酸類、柑橘類、極端に熱い飲食物、冷たい飲食物は避けた方がいいです。それでもしみるようなら、歯科医師にご相談ください。

・ホワイトニング中に歯がしみることがあれば一旦中断し、1~2日経ってから再開してください。

ホワイトニングで注意すべき点を下記に挙げています

・先天的な着色歯、虫歯などによって歯が黒ずんでいる場合には、あまり効果が期待できませんのでご了承ください。

・元々の歯がまだらになっていたり、斑点状に白い箇所がある場合、その模様が消えて、 均一に白くなるというわけではありません。

・歯の本来の自然な色は黄色味がかっていますので、完全な白色をお望みの場合、この方法は適していません。

・詰め物や被せ物の修復物の色は白く変わりません。

・日常の歯の使用により徐々に着色し、ホワイトニング施術後6ヶ月程で術前に近い状態に後戻りすることがあります。