入れ歯

部分入れ歯

保険内の部分入れ歯

むし歯や歯周病、または外傷などで部分的に歯を失ってしまった場合は、部分入れ歯による治療をします。保険での治療の場合は小さな金属で取り外しができる部分入れ歯となります。

保険外の部分入れ歯

保険外の治療では、さまざまタイプの部分入れ歯を入れることが可能です。
保険外の治療で入れる部分入れ歯は、歯科医院によって価格が大きく異なりますが、当院では良心的な価格設定になっておりますので、保険外での部分入れ歯を入れたい場合はご相談ください。

部分入れ歯以外の方法

部分入れ歯以外の治療法には、ブリッジやインプラントといった方法で歯がなくなった部分に歯を入れる治療法があります。

総入れ歯

何らかの原因で歯が1本も残っていない場合には、総入れ歯による治療を行います。
健康保険適応内の総入れ歯はプラスチックで作りますが、費用も安く作りやすいのが特徴です。

保険適用内の総入れ歯

義歯床がプラスチック製となりますが、治療費が安く、修理をしやすいといった特徴があります。
デメリットは厚さがあり慣れるまでは違和感がありますが、慣れてしまえば扱いやすい素材です。

保険適用外の総入れ歯

保険外の総入れ歯には様々なタイプのものがあります。
保険外の場合は入れ歯の場合は、金属床義歯、シリコーン義歯などいくつかの種類がありますが、歯科医院によって価格も大きな差があります。
特徴は、金属は強度が高く床を薄くすることができるため、違和感が少なくしゃべりやすいなどの特徴があります。
また、シリコーンは軟らかいことから、入れ歯が当たって痛みが出ることが少なく、しっかり噛めるというメリットがあります。
(当院で扱っている素材、扱っていない素材もありますのでご相談下さい)

入れ歯についての当院の特徴

当院では、院長が補綴科での長い勤務実績があり、経験が豊富です。
欠損した歯のつめ物、かぶせ物から入れ歯まで、「補綴科(欠損を補う治療)」での経験を生かし、患者様の状態に合った、噛み合わせをしっかりと考えた入れ歯治療をします。
入れ歯は特にお口の中の状態や、顎の骨からくる噛み合わせの調節が難しいと言われています。 患者様が快適な生活を送ることができるように、最後までしっかりと噛んで美味しく食べ物を食べる事ができるよう、少しでもなくなった歯に近い入れ歯に近づけるよう患者様の快適な生活のお手伝いしたいと思っています。