つめ物・かぶせ物

むし歯の治療にはさまざまなつめ物・かぶせ物があります。

むし歯になってしまったらどうしてもむし歯部分を除去して、その補填のためにつめ物やかぶせ物をしなくてはなりません。当院ではさまざまなつめ物・かぶせ物を扱っていますので、治療の段階でご相談しながら患者様のニーズに添った材質のつめ物・かぶせ物をします。

歯のつめ物

つめ物にはレジンというプラスチックで作られたもの、金属で作られたもの、セラミック(陶器)で作られたものなど様々な種類があり、保険で入れられるものと自費となるものがあります。

  • 金属・・・保険適用
  • レジン・・保険適用・保険外の両方があります
  • セラミック・・・・・・・お問合せください

当院ではつめ物をする場合、素材によるメリット・デメリットを事前にしっかりと説明させていただき、患者様のニーズをしっかりと把握したうえで必要なものをお薦めしています。
(当院では扱っていない素材もありますので、ご相談ください)

歯のかぶせ物

むし歯の大きさや噛み合わせの状態によってはつめ物ではなく、かぶせ物をしなくてはならない場合があります。かぶせ物にもさまざまな種類があり、歯の一部にかぶせるかぶせ物と、歯全体にかぶせるかぶせ物があります。

かぶせ物の種類

かぶせ物にもレジンというプラスチックで作られたもの、金属で作られたもの、セラミック(陶器)で作られたものなど様々な種類があり、保険で入れられるものと自費となるものがあります。

  • 金属・・・保険適用・保険外の両方があります
  • レジン・・保険適用・保険外の両方があります
    レジンは白い色のプラスチック素材ですがセラミック(陶器)
    に比べて透明感に乏しく、長い間使用していると変色する欠点がありますが、割れたり欠けたりした際に修復がしやすいというメリットもあります。
  • セラミック・・保険外のかぶせ物
    セラミックはより自然の歯に近い特徴があります。変色が少なく、見た目の美しさがあります。

当院ではその他にもさまざまな素材を扱っていますが、かぶせ物をしなくてはならない場合は素材によるメリット・デメリットを事前にしっかりと説明させていただき、患者様のニーズをしっかりと把握したうえでそれぞれ必要なものをお薦めしています。
保険外で使用する素材の場合は歯科医院によって価格が大きく異なります。
当院では保険外の場合でも、良心的な値段設定になっておりますので、奥歯のかぶせ物でも白くしたいなどのご要望がありましたらご相談下さい。

また、保険外の材質の方が保険内の材料より値段が高いからといって、必ずしも長持ちをするというわけでもありません。それぞれの材料により特徴がありますので、メリットやデメリットをしっかりと説明・ご相談しながら治療していきます。