歯のクリーニング

健康のためには定期的なクリーニングを。

歯の健康を維持するためには毎日のブラッシングが大切ですが、歯石の除去はご自分ではできません。
歯医者さんで、定期的にクリーニングをしてもらうことが必要です。

ブラッシング(歯磨き)

当院では、むし歯を防ぐためにしつかりと歯垢を取り除くブラッシング(歯磨き)の指導をしています。
歯垢は細菌が固まったもので、歯の表面に付着しています。
むし歯や歯周病の原因となるため、ブラッシング(歯磨き)でしっかりと取り除くことが大切です。

ブラッシング(歯磨き)の基本は歯ブラシの先を歯と歯茎の隙間にしっかりと当てて小刻みに動かし、1~2本ずつ磨いていきます。歯と歯の隙間や歯茎との境目、歯の上部など、歯垢がつきやすいところは歯ブラシの先を当てて、しっかりと磨いていきます。
この日々のブラッシングをしっかりと行うことで、歯垢がつきにくくなり、歯周病のリスクも下がります。 また、ブラッシングだけでは取りにくい歯の隙間や下がった歯茎の隙間にはデンタルフロスや歯間ブラシを使います。
歯と歯の隙間には歯ブラシの毛先が届きませんので、デンタルフロスを使うことで、歯と歯のすきまの歯垢をきれいに落とすことが出来ます。
使い慣れるとどこでも気軽に使える道具なのでぜひ慣れて、日常的に使われることをお薦めします。 また、加齢とともに歯茎が痩せて下がってくると、歯と歯の隙間の下に大きく空間が空きます。ここにも歯ブラシの先が届きにくいことから、歯茎の隙間に歯垢が溜まり、歯周病の原因となります。そのため、歯間ブラシも日常に使うことで、歯周病のリスクを下げることが出来ますのでお薦めです。
(※当院でもブラッシングしやすい歯ブラシやデンタルフロス、歯間ブラシなどを販売していますのでご相談ください)

歯のクリーニング

毎日歯磨きをしていても、体質的に歯垢が付きにくい方、付きやすい方がおられますが、この歯垢を長く放置しておくことで石灰化したものが歯石です。
歯に歯垢や歯石が付いているとむし歯や口臭、歯周病などの原因となりますが、とくに初期は痛みのない歯周病は気づかず放置することで歯を失ったり、全身疾患の原因になったりすることが知られています。

歯周病にならないためにまずはこまめに正しいブラッシング(歯磨き)をすることが大切ですが、歯石はブラッシングだけでは落とせませんので、定期的に歯医者さんでクリーニングをすることが必要です。 歯石は歯茎の隙間にこびりついたままにしておくと、しだいに奥深く浸食していきます。
当院では、毎日のブラッシング(歯磨き)では落とすことが出来ない歯石の除去を専門の機械で定期的に行います。
患者様によってクリーニングの周期はそれぞれ違いますが、年に2~3回の頻度で歯石の除去をすることで、歯周病のリスクを下げることが出来ます。
また、クリーニングにはコーヒーや茶渋、たばこのヤニでついた歯の着色を除去する働きもあります。
ブラッシング(歯磨き)だけでは落とせないこれらの色を除去して、歯の白さを取り戻しましょう。