小児歯科

お子様のむし歯は進行が早い。

当院は小児歯科の専門ではありませんが、一般的なお子様の歯の治療にも対応しています。

乳歯のむし歯の特徴

赤ちゃんの乳歯は通常、生後3~9ヶ月ぐらいから生え始め、20本全部がすべて生えそろうのは2歳半~3歳半くらいまでで、お子様によって個人差があります。
乳歯は大人の歯よりエナメル質が薄くむし歯になりやすいのですが、乳歯のむし歯は色が変わらず、痛みも短いことから、親御さんも気づきにくのです。
また、乳歯のむし歯は進行も早いため気づいた時にはグラグラと取れそうになっていることも少なくありません。
しかし、乳歯は食べ物を噛む以外に、永久歯が生えてくるまでのスペースを確保しておくという大切な役割も持っており、この乳歯を早くに失うと、固いものを噛むことができないことであごの骨が成長できずに歯並びが悪くなったり、永久歯の生える場所が変わってしまったりしますので、乳歯をむし歯で失ってしまわないように、親御さんはお子様の口の中には普段から注意しておくことが大切です。

永久歯への生えかわりのために

乳歯の下で永久歯が出来上がってくると、永久歯は交換する乳歯の根元に近づき、乳歯の根を溶かしていきます。乳歯の根がほとんど溶かされると、乳歯はグラグラと揺れ始めて自然に抜け、下から新しい永久歯が生えてくる、というのが理想的な生えかわりになります。
ところが、この永久歯が下に出来上がってくる前にむし歯などで乳歯が早く抜けてしまうと、歯の習性で空いたスペースをつめるために奥の歯が少しずつ前に移動してきてしまいます。

こうして、永久歯が生えるためのスペースが無くなったり、永久歯が正常な位置に出ることができずに、ずれて生えてきたりしますので、実は乳歯は見た目以上に大切な役割を持っているのです。

また、乳歯がむし歯になり、神経がなくなってしまった場合も、下からの永久歯がうまく生え変わることができないことがあります。乳歯は下から生えてくる永久歯の刺激を受けて、中から溶けていきますが、乳歯の神経がなくなってしまうと、永久歯の刺激を感知して中から溶けることができないので、すでに永久歯が下から出てきているのになかなか抜けなかったり、逆に早く抜けてしまったりします。 永久歯の刺激を受けて、乳歯が適切な時期に正しく抜けるためには、乳歯がむし歯にならないようにすることがとても大切なのです。
当院では、一般的な小児の治療を行っていますので、お子様の歯の異常に気付いたら、できるだけ早い段階で受診することをお薦めします。
綺麗な永久歯が生えそろうために、乳歯のむし歯を早めに手当てする事が大切です。
(※専門的な治療が必要な場合は、専門の小児歯科をご紹介する場合があります)