むし歯・歯周病

むし歯や歯周病の治療を丁寧に、確実に。

むし歯や歯周病は定期的なクリーニングやメンテナンスで予防することが理想ですが、それでも、むし歯や歯周病になってしまったら、早い段階で治療が必要です。
当院では、当たり前の治療をしっかりとさせていただくことで、確実に進行を遅らせることが出来ます。

むし歯の治療

むし歯の治療1

むし歯の治療にはさまざまな方法があります。
むし歯が表面のエナメル質で留まっている場合には、痛みなどはありません。
一般的な治療は、むし歯になっている部分を削り、レジンという樹脂や金属で埋めて治療をします。
エナメル質だけを削るため、痛みは感じられませんので麻酔の必要がない治療です。
短時間で終わる治療です。

むし歯の治療2

むし歯が表面のエナメル質から、その下の象牙質まで浸食している場合は痛みが出てくる場合があります。この段階での治療は、むし歯になっている部分を削り、神経を保護するお薬を入れ、つめ物や、むし歯の範囲によってはかぶせ物をします。
象牙質まで浸食したむし歯を削る際には痛みがあることがありますので、麻酔が必要な場合があります。

むし歯の治療3

むし歯が歯髄まで浸食してしまっている場合は、歯髄は菌に感染していますので、歯髄を取り除く治療が必要になります。通常、「神経を抜く」と言われている治療です。
歯髄を取り除いた後も、まわりに感染が広がらないようにする治療が必要になります。
また、象牙質まで削る大きな穴が開いた場合は、つめ物やかぶせ物をして、元の形に戻します。

むし歯の治療4

むし歯が進行して、歯茎や歯を支えている骨に感染が広がった場合は、そのまま放置しておくと骨髄炎などになってしまうことから歯を抜く必要があります。
抜いた後を放置しておくと周囲の歯に悪影響を及ぼすため抜歯後の治療をしなくてはなりません。

歯周病の進行

歯周病は歯と歯茎の隙間から侵入した細菌で歯肉に炎症の起きる病気です。
初期には痛みが無いことから、つい放置しがちですが、自覚がないうちに進行し、最終的には歯がグラグラとなって抜け落ちてしまうこともあります。
歯周病の原因となっている菌などが血管を通じて全身に流れ込むことから、最近ではこの歯周病菌が、糖尿病などさまざまな全身疾患の原因にもなることが知られています。
できるだけ早い時期に治療を行うためにも、歯茎が腫れる、歯を磨く時に出血がある、水に歯がしみるなどの歯周病の初期症状がある場合はすぐに歯科医院の受診をお勧めします。
当院では、歯周病の進行を予防・改善するためのご相談ができます。

歯周病の治療

歯周病の治療は歯周病の進行度によって変わります。
軽度の場合は歯垢や歯石を除去し、しっかりと毎日ブラッシングすることで歯肉炎もおさまってきますので、あとは定期的なメンテナンスを繰り返して改善していきます。
しかし、歯茎の奥深くまで歯周ポケットが広がり、歯がグラグラとしている重度の歯周病まで進行している場合は、抜歯などの治療をすることになります。
歯周病は進行度によって治療や改善度もさまざまですので、歯茎の異常や口臭などで少しでも異常を感じたら、できるだけ早めに受診されることをお薦めします。
また、歯周病が進行して、からだ全体の疾患に影響を与えることが近年わかってきました。
とくに、心臓病や糖尿病などのリスクが知られていますので、年齢と共にリスクが上がってくる歯周病の予防、対策、治療は大切になってきます。